読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いとぶろ

いとうくんの楽しい毎日

僕らにできて、したいこと

自分のことが大好きすぎて困る。自分のことが大好きすぎるあまり、記事のタイトルを曲名や歌詞からとってくることに何の抵抗もないし、適当な喫茶店で長時間本を読むことだってできる。何の根拠もなく、僕は僕のことを愛していられる。これが愛なんだと思えば、少しは納得できるけど、根拠のない感情は単純に少し不気味でもある。文章を書くコツは、如何に自分に酔えるかだってことに気づいたとき、僕は僕のことがますます大好きになってしまって、もう手遅れだなって思った。プレエントリーは3億社したのに説明会の予約は3社くらいしかしてない。1/100000000の確率で選ばれた企業のことを僕は、僕のことのように愛していけるだろうか。

でも花粉が飛んでるから家から出たくないよ、ホントのところは。

おわり。